全農協労連新潟県支部
’03 春闘幹部学習会

2003.1.25(土)〜26(日)
ホテルイタリア軒(新潟市)



毎年、恒例になっていますが、今年も、全農協労連新潟県支部(農協県連労組と新潟県農協労連で構成)主催の「2003年春闘幹部学習会」が去る1月25日(土)〜26日(日)、新潟市の「ホテル イタリア軒」で開催され、全県から110名の仲間が集いました。
 一日目は、2つの記念講演と春闘方針案の提起が行われ、その後2時間、3つの分散会に分かれて、地域や職場、労働組合の状況が出されました。
 二日目は、県連と単協に分かれて、03春闘をどう闘っていくのか、討論が行われました。
 当えちご上越農協労組からは、執行部を中心に、8名の仲間が参加しました。



記念講演いただいた鹿児島国際大学、木下武男先生。「グローバリゼーションと新しい労働組合運動の提起」と題して、講演していただきました。
2本目の講演は、農林中金総合研究所の根岸久子先生。「農業・農村における新しい協同の広がりと、農協の再生に問われているもの」と題して講演をいただきました。
夜は楽しい懇親会です。全県の仲間、県連の仲間と大いに交流が深まりました。
交流会の締めは「団結ガンバロー!」
交流会終了後、えちご上越の参加者だけで「団結ガンバロー!」を行いました。その後、2次会へと繰り出しました!(古町の夜の感想は参加者からお聞きください・・・)

活動報告のトップへ