活動報告
上越地区労連.秋の学習会
  上越地区労連主催
2002.11.23(土) 14:00〜
ワークパル上越



・講演:「ハンセン病問題と想像力の倫理」
・講師:新潟大学医学部保健学科 宮坂道夫 先生

 昨年、世論の盛り上がりの中で、国のハンセン病政策の誤りが裁判でも認められましたが、宮坂先生は、「医の倫理」の立場から、歴史的にハンセン病問題を検証され、スライドを使いながら、草津にある国立ハンセン病療養所栗生楽泉園の「重監房」の生々しい内容とその復元運動の重要性を訴えられました。

phot_01

phot_02

phot_03

今年8月20日、21日、23日と新潟日報に記事が掲載されました。講演の資料が欲しい方は、労組まで連絡ください。
 

活動報告のトップへ